オフィス家具

オフィス家具の選び方

栃木オフィス作り.comはオフィス家具の専門家です。オフィス家具メーカーの研修を定期的に受講しているため、オフィス家具についての知識には自信があります。

オフィス家具はカタログで見ると、違いが分かりにくく、実際に買ってから失敗に気付いたとうことも少なくありません。 そこで、プロ目線で、オフィス家具・什器の選び方のポイントをお伝えします。

 

オフィスチェア・事務用椅子の選び方

オフィスチェア・事務用椅子の選び方

オフィスチェアには1万円以下の安価なチェアから10万円を超えるチェアまで幅広くあります。カタログで見るだけでは、違いが分かりにくいですが耐久性に大きな違いがあります。数千円のオフィスチェアはすぐに壊れてしまいます。ある程度のグレードの椅子を購入するようにしましょう。

開発やデザイナーなど、一日中椅子に座って業務をする社員の椅子はできる限り高価なものにしましょう。安物のチェアは腰痛の原因になり、社員の生産性を落としてしまいます。

長く使うことを考える場合は、座面の張り替えが可能な椅子を選ぶようにしましょう。安価なものは椅子製造時に座面の布を張り込んでしまうため、座面が傷んできたら椅子ごと交換しなければいけません。

オフィスデスク・事務用机の選び方

オフィスデスク・事務用机の選び方

デスクは使用する機器や業務内容によってサイズを検討します。 デスクの奥行は以前は70cmが主流でしたが、最近では奥行が60cmのデスクが増えてきました。これはパソコンが小型になったためです。ノートパソコンで業務を行う企業であれば60cmで十分でしょう。

デザインや設計など、資料をデスクの上に広げて作業をする職種の場合は、デスクの横幅は一般社員よりも広くしましょう。少なくとも140cmは必要です。

車椅子の社員の方がいる場合は、引き出しに足があたって座りにくいので、引き出しの無いデスクを選びます。

サイドワゴン・袖机の選び

サイドワゴン・袖机の選び

すべてのデスクの下にすべてのワゴンが入るわけではないので注意しましょう。各メーカーごとに自社デスクのサイズに合わせたワゴンを製造している場合も少なくありません。個別で購入する場合はサイズをしっかり確認しましょう。

書庫・キャビネットの選び方
書庫・キャビネットの選び方

書庫・キャビネットには代表的な3つのタイプがあります。オフィススペースや用途を考慮して最適なものを選びましょう。

①オープン型
扉が無い書庫です。価格が安いですが、セキュリティ面や地震を考慮すると問題があります。

②両開き扉
両扉を開けることができるので書類が探しやすいです。扉を開くスペースを確保する必要があります。

③引き違い扉
扉が左右にスライドするため、狭いスペースでも利用することができます。しかし、真ん中の書類を取りにくいのが難点です。難点を軽減した3枚引き違い戸タイプもあります。

書庫・キャビネットを購入する場合は、壁固定をしてくれる業者に依頼をしましょう。また、複数の書庫を組み合わせて使用する場合は耐震対策のための連結工事をしてくれる業者を選びましょう。

書庫・キャビネットにはガラス扉のタイプも販売されています。ガラス扉の場合は開ける前に書類の大まか位置を把握できますが、中の書類が見えてしまうので入れる書類には注意が必要です。ガラス扉は少し高価になります。

会議用テーブルの選び方
会議用テーブルの選び方

■横幅
会議テーブルの横幅は180cm、150cm、75cmの3つのサイズが一般的です。
180cmの会議テーブルは2名が余裕をもって座ることができるサイズです。少し狭くなりますが3名でも座ることも可能です。
150cmの会議テーブルは2名が利用できる幅です。180cmの机と比べて省スペースに使うことができます。
75cmの会議テーブルは1名で座るのにちょうどいいサイズです。

■奥行
会議テーブルの奥行は60cmと45cmが一般的なサイズです。
45cmはA4書類を置くこともできる一般的なサイズです。
60cmは余裕があるので作業台としても活用できます。

会議用テーブルはオフィス家具メーカー・種類によって高さが異なる場合があります。会議用テーブルを買い足す場合は、既存のテーブルと高さが一致するか確認をするようにしましょう。

会議用チェア・椅子の選び方
会議用チェア・椅子の選び方

一般的に180cmのテーブルに3名座ることが可能なのですが、すべての会議用チェアがテーブルに収まるとは限りません。肘かけ付の椅子は要注意です。会議用チェアの横幅を確認してから購入をするようにしましょう。

応接セットの選び方
応接セットの選び方

応接セットの価格はソファの素材で大きく変わります。 主な素材は本革、ビニルレザー、布があります。最もグレードが高い本革の応接セットは100万円を超えます。応接セットの中には、座面と背もたれのみ本革を利用して人と触れない部分にはビニルレザーを利用することでコストを落とした製品や、本革の質感に非常に近いビニルレザーの製品も出ています。予算に応じて素材を考えましょう。

各メーカーが様々なシリーズを展開していますが、それぞれ色・質感が違います。可能であれば同じシリーズで取りそろえるようにしましょう。

パーティションの選び方
パーティションの選び方

パーティションは目的に応じて最適な高さを選びましょう。

社員が集中して業務をしてもらうために、周囲の社員が視界に入らないようにしたい場合は120cm前後のパーティションを選択しましょう。120cmは座った状態で周囲の視界を遮ることができる高さです。

ミーティングスペースや商談スペースを別空間にしたい場合は160cm前後のパーティションを選択しましょう。160cmはオフィス内を歩く他の社員からの目線を防ぐことができる高さです。

目線を完全に防ぎたい場合は180cm以上の高さのパーティションを選択しましょう。幹部会議室や更衣室などに最適な高さです。

キャスターのついた移動が可能なパーティションも販売されているので、用途に応じて選択しましょう。

オフィス家具選びは栃木オフィス作り.comにお任せください

20社以上のオフィス家具メーカーの中から最適なものを選定します

20社以上のオフィス家具メーカーの中から最適なものを選定します

栃木オフィス作り.comは、オフィス家具メーカー20社以上と取引をしています。お客様のご予算・ご要望に応じて最適なオフィス家具の選定をサポートします。

■20社以上のオフィス家具メーカーとの取引
  • コクヨ
  • プラスジョインテックス
  • イトーキ
  • 岡村製作所
  • ライオン事務機
  • 内田洋行
  • アイリスチトセ
  • オリバー
  • ヤガミ
  • DAIICHI
  • 東洋事務器工業
  • キング工業  等

オフィス家具ショールームを無料でご案内します

オフィス家具ショールームを無料でご案内します

栃木オフィス作り.comにご相談いただければ、オフィス家具ショールームに無料でご案内することが可能です。近場であれば栃木県内にあるオフィス家具ショールームにご案内ができます。また、東京にある先端のオフィス家具ショールームへのご案内も可能です。

購入後のサポートもご安心ください

購入後のサポートもご安心ください

栃木オフィス作り.comからご購入いただいたオフィス家具は故障箇所や故障原因に応じて1~3年間の無償保証を行っています。

また、無償保証期間を過ぎた後も、下記のサポートを有償にて実施しています。

  • 合鍵作成
  • 鍵紛失時のロック解除
  • オフィス家具の修理、パーツ交換
  • オフィス家具のクリーニング
  • 不要になったオフィス家具の引き取り

お客様が末永くオフィス家具をご利用できるようにサポートいたします。

お気軽にご相談ください。

栃木オフィス作り.comでは、栃木県北地域(大田原市、那須塩原市、矢板市、那須鳥山市、さくら市、那須町、那珂川町、塩谷町、高根沢町)、宇都宮市のお客様のオフィス家具のご相談をお受けしています。
お気軽にご相談ください。

オフィス家具をお探しの理由は何ですか?

栃木オフィス作り.comではオフィス家具の購入サポートだけではなく、設計や工事などの各種サービスも一貫してご提供しています。